ビットコインFX実績(3月2週)

2018年2月から始めたbitFlyerでのビットコインFX。

 

関連記事:ビットコインFX 2018年2月の実績(30万円→58万円)

 

今週の結果は以下のとおり。

 

 預入証拠金

  613,231円 → 613,231円

 評価損益

  -133,482円 → -247,934円

 

一度も利確できず、、評価損が2倍近くに増えてしまっています。。

証拠金維持率も200%程度まで下がり、やや心配な状況に。

 

下は今月のビットコインFXのチャート。

 

現在のポジションを持ち始めた3月6日以降、ビットコイン価格は大きく下落し、一時期91万円台まで下落しました。

2014年に破綻したマウントゴックス社の破産管財人が、残っていたビットコインを大量に売却したこと、そして、今後も大量に売却予定であることを懸念されたのが原因のようです。

 

 

ナンピンで買い増ししていった結果、建玉は1.82ビットコインまで増加し、平均約定価格は約114万円まで低下。

現在の価格が102万円前後なので、プラスに転じるまでは、12万円程といった状況です。

仮想通貨は下がるのも上がるのも早いですから、明日にはプラ転しているかもしれません。